南軽出版局の制作物

南軽(なんかる)出版局では、軽便鉄道の魅力を伝え継承するため、埋もれている画像や資料を発掘し広く知らしめる活動を行っています。ここは過去に制作したもの一覧です。入手方法・取り扱い書店などは、上のメニュー「お問い合わせ」をご覧ください。

阿里山森林鉄道 1966-1968

定価2,900 円(税別)

 ループやスイッチバックを駆使し2200mもの標高差を登っていく阿里山森林鉄道。素掘りのトンネルや高いティンバートレッスル。稜線を越え集材地に向かう2フィート6インチの線路。巨大な丸太を積んだスケルトンカーを牽いて雲海の上を行く列車。そこには数々の素晴らしい情景が待ち受けていました。
本文144ページに特別付録大パノラマつき。2500枚を超す写真から厳選された170点と、地形イラストなどで当時の阿里山の魅力に迫ります。 シェイ式機関車は写真多数掲載、歴史と種類、機構などを詳述。建設の歴史に関しても新たに発掘した資料で解説しています。

北のOld American

定価2,800 円(税別)

本書は、北海道の大地を駆けたアメリカ型蒸気機関車の魅力に光を当てています。1960年代前半に道内の私鉄や専用線に残っていた8100や9200、雄別の9046などの美しい写真を豊富に掲載。とりわけ上芦別の9200については、けむりプロの撮影した膨大なストックから新たに選んだ多数の未発表写真を用い、「上芦別物語」を遙かに上回るボリュームで、その実像と魅力に迫ります。
その他、北海道の鉄道史と、そこで活躍したBaldwin、Porter、Rogers、Schenectady、Brooks、Pittsburghなど米国製の機関車を貴重な写真や配置表などを用いて解説。158ページ。

貝島炭礦鉄道 1961-1964

定価2,600 円(税別)

筑豊炭田にあった貝島炭礦専用鉄道。「鉄道讃歌」では僅か12点の写真しか掲載されていませんでしたが、改めてその全体像を詳らかにするため、けむりプロ撮影の千数百点から選び直した写真とともに、地図や図面などの資料を多数掲載。
周辺に存在した金丸の専用線や鞍手軌道などのナローも取り上げています。採砂場で使われていた蒸気ショベルについても、構造、発達史と日本での使用例などを詳細解説。蒸気動力導入の先駆者であった貝島というユニークな存在に迫ります。104 ページ、大きなサイズの折込特別付録付き。

Estrada de Ferro Perus-Pirapora 1971

写真集「」
定価2500円(税別)

1980年代まで蒸気機関車による石灰輸送を行っていたブラジルのペルス-ピラポラ鉄道(EFPP)の全体像を紹介する、世界で初めての写真集です。
1970年代に現地を訪問した「けむりプロ」の写真千数百点から選び抜いたフォトストーリーに加え、ボールドウィンのデータを使用した機関車についての考察、ブラジルから提供された写真による歴史紹介など、資料的にも充実。現地で進む保存活動と、「ダックス」シリーズ誕生の経緯などもとりあげています。
詳しい内容紹介は、こちら。EFPPをめぐるエピソード等はこちらをご覧ください。

基隆炭鉱鉄道 1966

写真集「基隆」
定価2190円(税別)

写真集「基隆炭鉱鉄道」は、1966年から67年にかけて「けむりプロ」メンバーが撮影した約1500枚の写真の中から改めて厳選した写真と、地図、イラスト、図面など180点あまりで構成されており、これまでに公表されたことのない写真多数を収録しています。
各ページの構成・レイアウトには細心の注意を払い、機関車についての詳細な考察も掲載。台湾北部基隆市近くに残されていた小さな2フィート蒸機の走る泥だらけの炭鉱鉄道。その魅力と全貌がわかる「決定版」です。A4変形80ページ。ダブルトーン印刷。

Darjeeling & Matheran 1969

写真集「」
定価2500円(税込)

写真集「ダージリン・ヒマラヤン鉄道&マテラン登山鉄道」は、1969年に「けむりプロ」メンバーが撮影した写真約1500のうち150点と、新たに描きおろした地図、イラスト、図面で構成。
ダージリン鉄道については既に多数の書物が出ていますが、60年代の美しい活気ある姿を、これだけ贅沢に収めた写真集は他にありません。蒸気時代のマテラン登山鉄道の美しい写真も収録されています。

現在、版元品切れとなっております。

軽便鉄道模型祭講演録 「軽便讃歌VII」

定価1100 円(税別)

2016年10月に開催された「第12回 軽便鉄道模型祭」プレイベントの講演録。和久田恵一さん「私の軽便モデルライフ」では、伝説のモデラーのたどってきた半世紀以上の歩みと、数々の名作を紹介しながら、そのユニークで自由な発想を語っていただきました。青柳明さん「欧米のナロー鉄道に魅せられて」は、コロラドの3フィートナロー、ルーマニアの森林鉄道の美しい蒸気機関車写真多数を掲載しています。そのほか「森林鉄道雑記帖」には丸瀬布のBLWや陸別の客車をはじめ、鷹巣、大畑、水沢など森林鉄道の未公開写真を紹介。50ページ、オールカラー印刷。

軽便鉄道模型祭講演録 「軽便讃歌VI」

定価1000 円(税別)

2015年10月4日に開催された「第11回 軽便鉄道模型祭」プレイベントの講演録。倉地光男さん「南国の砂糖きび列車を追って」は1963年の南大東島訪問記からジャワ島の近況までを紹介。湯口徹さん「簡易軌道見聞録」では1957-1960年の貴重な資料を披露、新たな考察を加えています。最新の調査結果をもとにした今井啓輔さん「殖民軌道から簡易軌道まで」。さらに1963-64年に撮影された簡易軌道の珍しい写真、畑中博さん作成の簡易軌道モジュールレイアウト<阿寒辺牛線>についての話も収録しました。
貴重なカラー写真も多く、オールカラー印刷。本文37ページ。版元在庫僅少

  お求めはこちら

  南軽出版の書籍は、「お問い合わせ」ページでご案内している書店・模型店等でお買い求めください。

過去の制作物リスト

「軽便讃歌V」版元品切れ

「軽便讃歌V」は、昨年の軽便鉄道模型祭プレイベントでの梅村正明さん講演「台湾ナロー紀行1966」、下島啓亨さん撮影の8mm「軽便鉄道16社巡り」を中心に、これまでになく豊富な内容となっています。従来より10ページ以上多い52ページ。DVDには1960年代の貴重な軽便鉄道の動画と、2012年プレイベントで話題を呼んだ「軽便落語」を収録。

讃歌4
「軽便讃歌IV」在庫僅少

2013年の軽便鉄道模型祭での講演3編。竹中泰彦さん撮影の画像多数による「“くさかる”の魅力」(解説=竹中さん・小林隆則さん)、「BLW時代の木曽森林鉄道」(解説=竹中さん・西裕之さん)、『鉄道ファン』名誉編集長の宮田さんが解説する<宮田寛之の機関車写真「紙芝居」>を収録。定価800円(税別)
詳しい紹介はこちら

讃歌3
「軽便讃歌III」版元品切れ

2012年軽便鉄道模型祭プレイベントで行われた4講演「ぼくの好きな軽便鉄道」(高井薫平さん)、「単端式レールバスものがたり」(湯口徹さん)、「失われた地平線を求めて 東南アジアとヨーロッパの軽便蒸機」(西村光さん)、「自作の模型を持ってダージリンを見に行った話」(畑中博さん)を収録。


讃歌2
「軽便讃歌II」版元品切れ

2011年軽便鉄道模型祭プレイベントで行われた講演「知られざる森林鉄道と簡易軌道」(今井啓輔さん)、「私の見た頸城鉄道など 1965年ごろ」(梅村正明さん)を収録。



南軽の譜
「南部軽便鉄道の譜」品切れ

南部軽便鉄道の車両、ストラクチャー、沿線風景などを紹介する冊子。とくにBaldwin、Porter、Koppelの写真やイラストなど車両編が充実。2011年10月発行。品切れ。


KEMURI便箋
「KEMURI便箋」品切れ

いまではもう売っていない<わら半紙>に、「鉄道讃歌」冒頭に掲載された8100と9200の牽く列車のシルエット・やかんマークと"VIVA STEAM LOCOMOTIVES"の文字をあしらった便箋。


軽便讃歌
「軽便讃歌」品切れ

2010年の軽便鉄道模型祭プレイベント「けむりプロの世界」での講演「KEMURI PRO.の頃」(下島啓亨)と「倉持尚弘さんのこと」(松本典久)を収録。品切れ


やかん
「やかん」品切れ

「けむりプロ」のロゴマークと同じ形の薬缶をOスケールで製品化。ロストワックス製。