車輌のおもしろさ

      

栃尾線のごつい電車


 栃尾線の「でこぼこ編成」は以前に田圃の中を行く姿をとりあげましたが、今回はその先頭に立っていた電車、モハ209です。

会社名がTTK=栃尾鉄道株式会社の時代。1956年にTDK=栃尾電鉄となり60年の合併でEKK=越後交通となる。1955年 撮影=柳一世
上と反対側デッキ 1972年7月 撮影=山猫軒主人

 この電車は自社工場製ですが、外側2軸と内側2軸の駆動方式が違う珍しい存在なので、軽便鉄道のファンだけでなく電車が好きな人の間でも知られているようです。栃尾線には同じ頃に製造された日立の電気機関車があったのですが、なんとその機関車よりも総出力が大きい。こんな強力な電車を作ったのは、雪深い越後平野の冬に除雪をするためと、貨物や混合列車を牽かせるためだったと思われます。
 電車にしてはたいへん「ごつい」外見をしており、前後のデッキ、そこから立ち上がるハシゴとその上の大きなライト、深いRの屋根と、その脇についているベンチレーター。このあたりがモハ209の最も印象的なところでしょう。
 妻面にはハシゴの両側に2つの窓がありますが、左側はデッキに出るための扉で、窓は開きません。暑い夏には、この扉を開け放って走っていたこともあるようです。
 上の写真の時代はクリームと青、1960年ごろに茶色1色となり、70年ごろにはクリームと赤に塗られています。各部の寸法は新井清彦さんの『軽便探訪』(機芸出版社)に掲載されている図面をごらんください。細部は何度か改造されているようで、右や下の写真の時期には運転席の窓に桟がなくなり、デッキ上にあったテールライトは端梁に埋め込まれ、連結器やパンタグラフも交換されています。

 客車を7 -8輌牽くことが出来たそうですが、団体客でもない限りそんな大勢のお客は居ないので、普段は客車や荷物車を4-5輌つないだ混合列車を牽いている姿が見られました。上の写真では、後ろの客車が背の低いホハ10なので格別大きさが目立ちます。冬には、デッキにスノープラウを載せて、いつでも除雪に使えるようにしていました。下の写真では、電車+客車+荷物車を牽いています。後ろのモハ213の方が車体長が1mほど長いのですが、先頭のモハ209の方が背が高くて圧倒的に存在感がありますね。

後部デッキにスノープラウを積んだモハ209。2輌目のモハ213はパンタを上げているが、おそらく照明と暖房などの電源を取っているだけでモーターは動かしていないはず。3輌目=気動車・電車を経て客車になったホハ24。最後尾は番号が明確に読み取れないがニフ17のようだ。1973年3月 撮影=山猫軒主人 

入口へ戻る  画像倉庫トップへ戻る   「車両のおもしろさ」リストに戻る